レーザー脱毛は日焼け防止で効果UP!

MENU

日焼けを徹底的に防ぐことで効果アップ!

レーザー脱毛の大敵と言えば、紫外線です。紫外線にしっかり対策しているかどうかで、レーザー脱毛の効果も、安全性も大きく変わってきます。しっかり効果を得たいのなら、また肌トラブルを徹底的に防ぎたいのなら、日焼けを防ぐ努力を惜しまないことが大切です。

 

日焼けを徹底的に防ぐことで効果アップ!

日焼けで脱毛不可になるかも!

日焼けは、特にレーザー脱毛を受ける際に、厳重に注意されるポイントの1つです。もし日焼けしている状態と判断されれば、レーザー脱毛の施術が断られてしまうかもしれません。

 

その理由は、

  • お肌のメラニン色素にレーザーが反応するリスクがある
  • お肌が日焼けによるダメージを受けているためトラブルのリスクが高まる

といったことが挙げられます。

 

レーザーはメラニン色素に反応することで毛根にダメージを与えますので、日焼けによりメラニンが増えたお肌にも反応し、火傷をしてしまう可能性があるのです。また、日焼けというのは軽い火傷のような症状ですので、そんなダメージを負っているお肌に、レーザーを照射するのは大変危険ですね。

 

このような理由により、日焼けしたお肌だと施術を断られてしまうことがあり、予定通りのペースでレーザー脱毛を進めていけなくなるのです。

 

日焼けで効果も落ちる!

中には、軽度であれば日焼けしていても「施術可能」と判断される場合もあります。ですが、運よく施術が受けられた場合でも、効果はどうしても落ちてしまうので、もったいないですね。

  • お肌と毛の色の差が少なくなりレーザーが反応しにくくなる
  • 肌トラブルのリスクを軽減するために出力を落とされてしまう

このような理由により、日焼けしたお肌は実感しにくくなってしまいます。

 

レーザー脱毛の効果が得られやすいのは、色白なお肌に色素の濃いムダ毛が生えた状態です。しっかり脱毛効果が得られるように、色白なお肌を死守する努力をしましょう。

 

日焼け対策を万全に!

具体的に、レーザー脱毛を受けている間の日焼け対策はどうすれば良いのか、というのも気になるところですね。

  • 紫外線の強い時間帯の外出は極力控える
  • 衣類でできるだけ覆う
  • 日焼け止めを使う

これらの基本的な紫外線対策をしっかり行ってください。ただし、日焼け止めの中には刺激の強いものもあるので、施術直後などお肌がデリケートになっている時には、敏感肌用を選ぶと安心ですね。

 

衣類もUVカットの素材で作られたものを使えば、より効果的な紫外線対策をしていくことができます。せっかく同じ料金を支払うのなら、最大限の出力でレーザー脱毛を受けたいですよね。そのためにも、徹底した日焼け対策をしていきましょう!

関連ページ

お肌の調子を整えれば効果アップ!
レーザー脱毛の効果の出方は、毛質や肌質に大きく左右されます。このうち、毛質を変化させるのは簡単ではありませんが、肌質ならスキンケアの工夫次第で改善することが可能ですよね。そこで、お肌の調子をしっかり整えることで、よりレーザー脱毛の効果が実感しやすい状態に導きましょう。
ムダ毛の事前処理でも効果が左右される!
レーザー脱毛を受ける前には、基本的には今生えている分のムダ毛は、事前に自分で処理していくことになります。ですが、そんな事前処理の方法でも、レーザー脱毛の効果が左右されてしまうのです。その点もよく理解して、効果が得られやすい状態に整えておくことが大切ですね。
レーザー脱毛は健康状態を整えることも大事!
レーザー脱毛はお肌の上だけで行われているもの、という印象ですが、お肌だって体の一部です。健康状態によっても、脱毛の効果が変わってくるのです。しっかり健康状態を整えることで、レーザー脱毛をより実感しやすい状態にしておきましょう。
このページの先頭へ